症例5 不妊治療・妊活

当院では不妊治療を専門に行っている訳ではないですが、依頼があり卵巣、子宮などの血流が良くなるように、病院での不妊治療の補助的に施術を行うことがありました。

不妊治療では卵巣から卵子を採取する事があります。

採卵で取れる卵子は成熟していて、数多く取れる方が身体の負担も減り、妊娠もしやすくなります。

当院では現在までに2例、採卵の卵子の数が少なくて困っているという患者さんの施術を行いました。

1例目の方は過去数回の採卵で取れる卵子が毎回2~3個、2例目では数回の採卵で取れる卵子が2~3個、多い時で8個であったが成熟していない卵子も多く人工授精には使えない物も多かったという事でした。

施術の効果としては、1例目の患者さんの場合は採卵時に15~20個の卵子が取れました。

これにはお医者さんも驚いていたようで患者さんにも喜んでいただく事ができました。

また2例目の患者さんも、15個卵子が取れ、そのほとんどが成熟した良い卵子だったということでした。

この症例についてはまだ2例であり効果を確定できてる訳ではありませんが、2例中2例とも大きな効果をあげることができているので、今後も症例を重ねて、たくさんの方に喜んでいただけたら嬉しく思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA