股関節の痛み

症状

股関節のよくある症状は、

  • 痛み
  • 動きの悪さ

です。

股関節が痛み、硬くなってしまっている場合は、

  • ​歩けない
  • 姿勢や骨盤がゆがむ
  • 靴下がはけない
  • 足の爪が切れない
  • しゃがめない
  • イスに深く座れない
  • 階段の昇り降りができない
  • 足が組めない
  • あぐらをかけない

​など、日常生活に多くの支障をきたします。

トレンデレンブルグ歩行、ドゥジェンヌ歩行といった股関節周囲の筋肉が機能しない特徴的な歩き方がみられる事もあります。

​原因

骨・関節の問題としては、

  • 変形性股関節症
  • 突発性大腿骨頭壊死

などがあり、筋肉の問題としては、

  • 太もも前面の筋肉の痛み
  • お尻の筋肉の痛み
  • 腰や骨盤の前面の筋肉の痛み

などがあります。

股関節に痛みが生じる

痛みがあるから動かさない

動かさないから筋肉や関節包などが拘縮

関節が硬くなる

関節が硬くなるからさらに痛みが出る

といった悪循環が生じて痛みと関節可動域の低下が強まります。

臀部の筋肉は、座りっぱなしが長いと圧迫されて血液の流れは悪くなります。

座りっぱなしは、太ももの筋肉や腰や骨盤の筋肉も血流障害を招くため注意が必要です。

立ちっぱなしも関節や周囲の筋肉に負担がかかり、変形性股関節症や関節周囲の筋肉・筋膜の痛みの原因になります。

予防と対策

股関節痛にならないようにするためには、「適度な運動」を行わなければいけません。

​股関節周囲の筋肉は日常生活において、使う事が多く運動の少ない人は疲労が筋肉に蓄積してしまう事が多いです。

​そのため適度な運動を行う事で疲労を改善し筋肉を良い状態に保つ必要があります。

​股関節の関節液(潤滑油のようなもの)は、関節を動かす事で関節包という組織から滲み出ますので、関節が油切れのような状態にならないように適度な運動を行わなければいけません。

​運動療法のおすすめは、ウォーキングなどの有酸素運動になります。

股関節が痛く歩けない場合はプールでウォーキングを行うことをお勧めします。

また股関節に動きの制限が出てる場合にはストレッチも有効です。

股関節を抱え込むように曲げたり、後ろに伸ばしたり、外や内に捻ったりして、突っ張りや軽い痛みを感じた所で10秒から30秒ほどストップします。

ストレッチは有酸素運動を行った後に行うのが効果的です。

​股関節痛が出る時は、膝関節や足首にも異常がある事が多いので、股関節痛にならないために膝関節や足首の関節も日頃から動かして柔軟性を保つ事が大切です。

施術を受ける

  • 運動療法もしっかりやってみたけど症状が取れない
  • 仕事でどうしても同姿勢の時間を減らすことができない
  • とにかく運動が苦手で運動療法を続けることができない

といった場合には、プロの施術を受けて筋肉や筋膜の状態を改善していくという事をおすすめします。

筋肉や筋膜がこった状態、痛い状態を放置すると股関節の動きを制限するようになってきます。

股関節の動きに制限がかかってしまうと、股関節周囲の組織は血流不足になり酸素、栄養不足になります。

そうなると股関節にかかる負担に偏りが生じ、股関節の軟骨の病変リスクが高まり、状態が悪くなると手術が必要になることもあります。

それらのリスクを軽減するため、股関節の痛みは放置せず早めに対処をしていきましょう。

そうすることで、ケアにかかる精神的負担、時間的負担、経済的負担を軽減することができ、スッキリした意欲的な日々を過ごせるようになります。

股関節の病態の図