症例3 原因不明の皮膚炎

50代 男性

もともと身体全体的に痛みがあり治療を開始。

手首の左右にアトピー性皮膚炎のような炎症がありました。

詳しく聞いてみると数年前から手首の色が紫色になり、かゆく、かくと皮膚がポロポロ剥がれるような状態が続いてるという事でした。

皮膚科にも行ったが原因が分からないということで治療もなく治らないものだと思っていたということでした。

もともと私もこの皮膚炎の治療をしようと思っていた訳ではなかったのですが、手指の痛みの治療を行ううちに手首の炎症が日に日におさまっていき、ポロポロと剥がれていた皮膚も綺麗になりました。

頻繁にある症例ではないですが、こういう事もあるという事で載せておきます。

原因不明の皮膚の炎症も一度試してみる価値があると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA